1つも楽しめない苦痛なスポーツをしに行ってきました。

投稿者: | 7月 19, 2019

どうも。

昨日は行きたくもないスポーツの練習に一択で誘われ、
行ってきました。

仕事の帰り前に妻から電話があり、
みんなで○○に来てるから来る?という電話。

いや、来る?って言われたところで、
行かない言ったら「お母さんが用意してるから」って言うだろ。

「どうせ、うるさいのいるから行きたくね~よ。」
と、今度こそ言いたいところでしたが、
今は色々してもらってるから義理人情で耐え時。。。。

とりえあず、仕事が遅くなりそうだと伝えると、

「みんな待ってるよ」

「。。。。」

なら、「来る?」じゃなくて「来て」だろ!
ここは妻も妻の母親も全く同じ。
一択じゃねーか。

んで、この答え方が気に入らないからと、
行ったら行ったで嫌味を言われるのも予測済。

夜の19時ぐらいに帰り道にある場所につくと、
一応するためのセットを車に積んでるだけ積んでいましたが、
あまりお金を使いたくなかったので、
見学だけするチャンスを伺って一応一旦一式を持たず、
「息子の練習を見るっていう意味かと思った」というそれっぽい理由を作って、
手ぶらで中に入りました。

すると、、、、

腹に力入れたような声で、
「あれ、せーへんの?」
と、まー機嫌の悪いそうな顔で、えらそーに拳を上向きにして、親指でその確保して下さってた場所を指差してきました。

「いや今回はやめとこうかと思って」
と一言いうと、

「チケットもう買ってるけど」
お決まりの、おごってやってるんだから感謝しろと半ば強制的にこのやり方です。
ここ最近でまたストレスが溜まってるのもあり、
僕もイライラを我慢してましたが、
そこはこらえて、戻って一式を取りに行って、
いよいよ練習。

まー、いらいらしてるから、ポンポンとペースが速く
妻と妻の母親のお決まりの、
「本人の横の人に言ってるようして、本人に聞こえるような声で言って理解させる」やり方。
いわゆる直接あーだこーだ言わず、嫌味を言うやり方です。

妻が息子に「一回一回大事にプレーしようね」
あー、確実に俺に言ってるな。とはっきりわかります。

妻の母親もイライラ、妻もイライラ、僕もイライラ。
何も楽しくない。

そして、こうなるのもあらかた予測済だから行きたくないのに、
僕の態度・やり方が全て悪いという言い方でやってくるのが、
妻の母親の常套手段。

とりあえず、今日はそれで終わりましたが、
確実にこういうことは、次感情むき出しで何か言う時に必ずぶり返してきます。
先読みしてもしんどい、接しててもしんどい。

引っ越しまであと半年。
精神が持つか心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です