自己紹介

関東の田舎出身で、関西の田舎在住のアラフォー。
妻、子供1人の3人家族。

子供が生まれて3歳になるまでは、
妻側の関西に住んでいましたが、
妻の母親の毒親ぶりに完全に嫌気が指し、
二度とこねーし、会わねーよ、という決別的な意思で自分の実家のある関東に引っ越しました。

そこから3年。

学力とか受験とかの完全に本質からずれた日本型の労働者育成教育ではなく、
強くたくましく、失敗から学び、そして決断したことには堂々と突き進んでいく、
これからのグローバル社会の中で生き抜くために必要な教育を子供に受けさせたい。

自分の好き嫌い・したいしたくないじゃなく、
子供のために尽くしたい。

自分の親のやり方を否定するつもりはないけど、
自分と同じ目には合ってほしくない。

今の時代は、価格と価値が一致するものを選ぶ必要があります。
高い教育を受けさせたいなら、それなりのコストがかかります。

そんなグローバル社会に生き抜くための教育を受けれる場所が、
僕の関東の実家にはなく、妻の関西の実家近くにしかない。

僕の親には期限付きとはいえ再び離れることに対して、
申し訳ない気持ちを持ちながら、
息子が小学校に上がるタイミングを見て、
アラフォーになるにも関わらず関西で転職、引っ越しして、
クソみたいに萎縮させられてきた妻側の母親と接する環境に再び12年間耐えることを選び、
子供が高校卒業するまでは、実家の関東には戻らないと決意。

僕が関西でどういう目にあったのかを、
僕の両親も友人も知っていて、
戻ることに対しては、当然ながら全員が反対。

親として離れてほしくない思いも当然ですが、
それ以上にみんなに言われたのは、
「間違いなくお前精神的にやられるよ」という言葉。

そんな心配してくれる声をもらいながら、
それでも、自分よりも子供のために動きたいと決意して関西に来ましたが、
案の定、妻の母親の毒親ぶりで精神的に参りながらも、
自分にとってかなり粗悪な環境の中で過ごしています。

子供が生まれるまでは、妻の母親を心から尊敬していましたが、
ある時を境にその尊敬が失望に変わり、
失望から根に持つようになり、
そこそこ我慢強い性格をしていますが、
完全に自分の中で限界を超えてしまいました。

自分の未熟さ、至らなさなどなど、至るところに自分に原因があると自覚しつつも、
それでも日が経てば経つほど、妻の母親から受けた過去の悪事の数々の本心が分かり、
いきなり向こうから感情を爆発させられてもすぐに反論・対抗できるように、
毎日のようにその対策といざという時の言い返しの練習をするという、
よからなぬ方向に進んでしまい、
結果として無駄な時間を過ごしていると自覚しつつも、
抜け出せなくなったので、嫌なことは紙に書くべきという話を聞いたので、
なんとか自分の心のバランスを保つための、
字が汚いこともあり、低レベルと自覚しつつも、
打開のためにということで大人げなく愚痴を書いています。

自分の考えが全て正しいとは全く思ってませんが、
年の割りに結構主観的な書き方をしているので、
不愉快に思うかたもいると思います。

自分で選んだ道です。
自業自得と思う人もいるでしょう。
そして、そんな覚悟を持ってきた僕も、
昔みたいに我慢する必要はないや、という思いがあり、
もう無理だと思ったら全部リセットして人生やり直すという覚悟も持ってます。

どっちが正しいわけでもなく、
とにかく、僕と妻のお互いの親を絡めると、
他の人には経験してほしくない関係です。

参考になるかはわかりませんが、同じ想いをしている人、
こうなりたくないと思う人にとっての一つの打開策や参考に、
お時間があれば読んで頂ければと思います。

普段は本当に控えめで、かなり遠慮しがちな性格ですが、
どんどん人格が崩壊していく自分の心に素直に、
本心をむき出しで書いています。

昔日記帳に日記を書いていた時があり、
こちらも時系列バラバラですが、その日付で上げていきます。
なので、ちょっとずつ過去の記事も増えていきますので、
その点ご理解ください。