近所の葬式に参加させようとしない妻

投稿者: | 6月 19, 2021

現在住んでいる家からすぐそこの近所の方がなくなりました。
言っても、完全に隣近所のレベルです。

妻は小さい頃から慕っていた人のようで、
当然妻の母親も妻も参加します。

これは僕の関東で幼少期育った時の感覚なので、
関西のこちらのやり方とは捉え方が違うかもしれませんが、
僕の両親は区の決め事で区画内の葬式には手伝いに行くという形を取っていたので、
僕がその話をしたところ、端的に断られました。

妻が慕っていた人が亡くなったということで、
今回は心情を優先して2,3個踏み込んだ話はしませんでしたが、
「そういうのは僕も出た方がいいとは思うんだけど違うの?」
と聞いても、そっけない返事。

そっけなさが、悲しさから来てるんだろうなと思いながら、
僕の中では、今まで散々妻と妻の母親が画策して、
2人が望む方向に意図的に僕を誘導する形を取ってきたので、
勘ぐって今回もただ「僕という存在が参加すると、気持ち的に迷惑だから出させないようにする」
と画策して、そう言ってるんだろうか?と思わせます。

というより、礼儀や作法とか散々無駄にうるさく口に出すのに、
近所の葬式には出させないようにする当たり、
やっぱり「自分勝手」「自己満足」「自己中心的」なんだと実感しました。

僕は「~してやってる」なんて上から目線で言うのが嫌いです。
だって自分ができてる人間と思わないから。

ですが、どんなに感情が薄れても、
妻の今の心情はわかるので配慮してます。

でも、妻や妻の母親はもし僕がこういう状況でも、
僕の価値観に合わせるのではなく、
自分たちの価値観で行動するので、
僕にとって勝手なことをいろいろ確認せずやってしまうでしょう。
結果的に、余計なことをして、気持ちよく送り出せないわけです。

逆の状況だったらこういうことをするのが目に見えてる中、
今日も複雑な想いで妻の心情に配慮していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です