今日も楽しくスポーツ教室。何事もなかったかのように。

投稿者: | 6月 20, 2021

今日は仕事を少し早めに切り上げ家に帰りました。
18:30ぐらいに家につきましたが、
誰もおりません。

妻と妻の母親が勝手に決めて、
僕に事後報告したスポーツ教室があるためです。

妻が働いているという理由で、
基本的に平日は妻の母親の家で、
妻も息子も妻の母親が作った晩ごはんを済ませます。

僕は、基本的に目の前にいるだけで妻の母親をイライラさせるだけで、
そのイライラを目の前のモノや僕の息子を含む人に当たるだけなので、
晩飯は絶対に隣では食べません。

繰り返しになりますが、
「晩飯を作ってあげる」と言われながら、それはありがたいと感じながら、
それで晩飯を頂いても
遠慮せずなんにも気を使わずに言った一言を、
後で感情的になった時に必ず言われるので、
基本的に頂いた飯の後味が全て完全にクソみたいになるので、
そこまでして頂きたいと思わず今に至ります。

あとは隣で晩飯を食べに行くことが当たり前になると、
また「家族3人事」を全部壊して、妻の母をトップとした家族での飯が当たり前化するので、
ほぼ僕が隣に行くことはありません。

それでも、先日の事がありながら、
少しは配慮してくれるかなと思う矢先、
「あーこれが楽しかった、やれこれが楽しかった」
と、近所に丸聞こえのバカでかい声で帰ってきました。

毎度毎度、、、、僕の父親としての意思を
優先・劣勢とかではなく、単純に後回しに軽く扱われることが響いて、
こういうところ1つでも「こいつ、わざとにでかい声で聞こえるようにやってるな」
と勘ぐらせます。

「お前より人の気持ちわかるから」
とか、
「お前より感情があるから」
とか散々言ってて、僕の気持ちをないがしろにするって、
分かっててやってるに他ならないだろと。

それに、昔まだ子供が生まれたての時に、
妻の母親がこんな話をしていました。

「妻の兄が結婚して長男が生まれてすぐの頃、
妻の兄の仕事が忙しくて
なかなか家にいることができず、
それでも息子(妻の甥)にいろいろしたいのに、
妻の兄の当時の妻の親が勝手にいろいろやって、
妻の兄がもどかしい思いをずっとしていた」

「妻の兄がもどかしい想いをしたことと同じことを、お前らが筆頭に俺に味合わせるのか?」

という感情が湧き上がってきます。
わざとにやってるってことだろ。意図的にやってるってことだろ。

子供の高校卒業と共に、こっちにいる役目を終えて
関東に帰る時、今のままでは、妻に「一緒に帰ろう」と声掛けする気が起きません。
このままいくと確実に10年後は離婚になると状態に今なっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です