僕の意思を尊重しないのに、自分が尊重されないからって不満を愚痴られてもね。

投稿者: | 6月 18, 2021

普段なら少なくとも2,3日以内に妻の母親から隣の家に呼ばれ、
いつものようにあーだこーだ感情むき出しで、
過去のこと引き合いに出され、
お決まりのように「人の気持ち考えろ」「お前には感情がない」「自分のことしか考えていない」
と完全に、「それは自分のこと言ってるのか?」と思う言葉を言われるのですが、、、、

今回はありません。

それどころか、妻が妻の母親にどういう内容で共有をしたのかも、
結局今後どうするのかも、いつものように決まらぬまま今に至ってます。

ただ、僕としては全くもって意図しないぐらいに曲がった解釈で、
僕が妻の母親を悪者に仕立て上げてる前提で話が伝わっているようだし、

これだけ家族の有り様の基本部分の「父親と母親で息子のことを最終的に決める」、
もしくはその形だけでも作らせるということを完全に無視、、、、というより、
その認識もない状態で「息子に何させるかは、父親には事後報告でいい」という感覚が妻側では普通すぎるから、
いわゆる宗教同士の争いと同じで永遠に解決しない問題とあきらめ、
僕からはもう今後は言うことはないです。

だから、自分から弁解しに隣に行くこともないですが、
その一連の出来事があっとた当日のことですが、
息子を迎えに行って帰ってきた後に、
別の塾があったので歩いて連れて行く際に、
ちょうど妻の母親がでかけるところでしたが、
向こうはいつもの「こいつ、どんな顔でいるんだろ」と様子見したような、
「こいつ、いてこましたろか」という目つきで無視されて鉢合わせしました。

その際に歩いてその塾まで息子を連れて行く際に、
後ろを妻の母親の運転の車でつかれる状態になっていましたが、
さっさと追い抜かないあたり、
「こいつ轢き殺したろか」と殺気さえ感じたのが印象的。

トータルで約5年間の妻の母親から仕打ちと、
その真意が全て結びついているので、
僕のこの感覚はかなり当たります。
実際関西に戻ってきてから、妻の母親に言われた関東に行く前の真相は
全て自分の予測と当たっていました。

つまりは、この僕の予測はほぼ当たっているだろうと考えて、
まー、最悪な形で僕の不満が伝わったのは間違いないですが、
まー、もういいかなと。。。。。

とにかく今仕事での時間を大きく浮かせて、
時間を稼ぎ、副業に焦点を当ててお金を稼ぎ、
さっさと借りているこの家の家賃10年分と、
今まで自分が援助してもらった分も、
きちんと”気持ちで”返して、
さっさと引っ越ししようと思います。

これが、唯一の突破口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です